この差ってなに★(7月24日)ナッツの健康効果の差まとめ

   

Pocket

今回はテレビ番組この差ってなに★で
7月24日に紹介されたナッツの健康効果に
ついてまとめました。
 

 

[ad#aki2]

 

くるみの健康効果は?

くるみはαリノレン酸が豊富。
 
αリノレン酸は動脈効果の予防になるコレステロールを
取り除きます。
 

 くるみと一緒に飲むと効果的な飲み物は?

くるみを食べるときに一緒に飲むと効果的
なのは、赤ワインです。
 
ぶどうの皮に含まれるレスベラトロールが
αリノレン酸の周りをコーティングすることで
活性酸素からの攻撃を守ってくれます。

 

アルコールが苦手で赤ワインが飲めない人は
くるみを15粒潰してくるみのゴマだれ
を作りましょう。
くるみを潰すことで体内で吸収されやすく
なります。
 
素麵にすると美味。
 
ゴマに含まれるゴマリグナンは
レスベラトロールと同じように活性酸素から
αリノレン酸を守ってくれます。

 

 1日のくるみの効果的な摂取量は?

くるみは1日15粒摂取するのがよいそうです。

 

アーモンドの健康効果は?

アーモンドには便秘解消に良い食物繊維が
100g中に12gも入っています。
 
これはなんとごぼうの2倍の量!
意外と多いんですね。
 
 

 

 なぜアーモンドは便秘解消に良いの?

アーモンドを食べると腸の中で食物繊維と便が
混ざり水分を吸って膨張性します。
 
すると便のかさが増し、腸の動きが活発に。

 

[ad#aki2]

 アーモンドのお菓子で便秘解消に効果的なのは?

スーパーでアーモンドのお菓子が売られていますが、
どのお菓子食べるかによって効果が大きく
変わってきます。
 
チーズおかき、クッキー、チョコ、小魚の中で
せっかくアーモンドを摂るならばチョコレートと
一緒が効果的
 
チョコレートの原材料のカカオもナッツなので
チョコレートにも食物繊維が含まれています。
 
カカオ70%などパーセンテージが高いほど、
解消に効果的だそう。
 

 

ピーナッツの健康効果は?

ピーナッツに含まれるレシチンは、体内で吸収
されると、脳でアセチルコリンに変わり、
脳の神経を刺激するため、認知症予防に効果的
だそう。
 
 

 

 認知症予防により効果的な味付けは?

認知症予防により良いピーナッツの味付けは、
塩味よりバター味
 
セリンというバターの成分が記憶力を高める
アセチルコリンを活性化するのですって。
 
さらにより効果を高めるには、青のりと一緒に。
青のりの葉酸が脳細胞の再生を促すそうです。
 
最近ではのり塩バタピーという最強!!の
バタピーが販売されています。
これで認知症予防は完璧ですね。

 

(本州送料無料)稲葉ピーナツ 125g のり塩バタピー(12×2)24入

感想(0件)

まとめ

知っていそうで実はちゃんと知らなかった
ナッツの効果、納得してしまいました。
 
同日に放送された赤身魚と白身魚の栄養効果の
差については、次の記事でアップしたいと
おもいます。
 
お楽しみに。

 

関連記事:
 
 

[ad#aki2]

にほんブログ村のランキングに参加しています。
1日1回ポチっとクリックしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ イタリア旅行 ブログランキングへ

 

 - 日本, 生活