映画インフェルノの舞台やロケ地の場所や宮殿は?イタリア語での意味は地獄?

      2017/04/08

220_f_117626154_s9f4tclyvvkkkajt5ugixfccanhsdjfv


 

「ダ・ヴィンチコード」の第3弾となる
「インフェルノ」が10月28日から
公開されました。
前作の「天使と悪魔」ではイタリアのローマが
舞台でしたが、
今回もイタリアは舞台になるのでしょうか?
 

 スポンサーリンク

映画 「インフェルノ」のストーリーは?

天才科学者ゾブリストが地球の
人口を半減させる目的でウイルスを作り出し
暗号を詩人ダンテの神曲
「地獄篇(インフェルノ)」に隠します。
それを宗教象徴学のラグンドン教授が
48時間以内に読み解いていく、
というのが大まかなストーリーです。

 

イタリア語で「インフェルノ」とはどんな意味?

「インフェルノ」とは、イタリア語で
「地獄」という意味。
 
ゾブリストが「人口の増大は災害となる。
治療薬は“地獄(インフェルノ)”だ」
と映画の中で言っています。
 

今回舞台となったのはフィレンツェ

ラグンドン教授が映画の冒頭、
病院で目を覚ますシーン。
彼は病室の窓からヴェキオ宮殿を目にし、
自分がフィレンツェにいることに気がつきます。
 
その他ビッティ宮殿やボーボリ庭園、
ドゥオモ、、ダンテの家、
サンジョバンニ洗礼堂といった、
フィレンツェの見所がたくさん出てきます。
 

ヴェッキオ宮殿

th-4
ヴェッキオ宮殿の500人大広間には
ダ・ヴィンチの未完の大作「アンギアーリの戦い」
隠されていると言われており、
この映画の中の撮影にも使われています。
 
salone500rid60
 
ヴェッキオ宮殿は、別名シニョリーア宮殿
とも言われ、1299年~1314年にかけて
アルノルフォ・ディ・カンビオによって
建設されました。
高さ94mの「アルノルフォの塔」があり、
ゴシック様式の二連窓のある外観で
内部はルネサンス様式となっています。
 
映画にも出てくる、長さ53mに及ぶ
「五百人広間」は天井、壁をフレスコ画で
覆われています。
 
また、ダンテのデスマスクが展示されています。
 
共和政時代にはここで市民会議が行われており
その奥にはレオ10世の間」がありますが、
現在も市役所として使われているため
見学は不可となっています。
 
 
場所:Piazza della Signoria 50122 Firenze
電話:+39 055 276 8325
開館時間:
【冬期】(10月1日~3月31日)  
              9:00-19:00(木曜のみ14時まで)
【夏季】(4月1日~9月30日)
     9:00-23:00(木曜のみ14時まで)
開館時間:Torre 塔
【冬期】(10月1日~3月31日)  
              10:00-17:00(木曜のみ14時まで)
【夏季】(4月1日~9月30日)
     9:00-21:00(木曜のみ14時まで)
 

 

Palazzo Pitti ピッティ宮殿

th-5
Palazzo Pitti ピッティ宮殿は、
ルネサンス様式の宮殿です。
 
1457年から銀行家ピッティにより
建設が始まり、その後メディチ家の手に渡り
増改築が繰り返され19世紀に
今のかたちになりました。
 
中にはラファエロやボッティチェリなどの
作品が飾られたピッティ美術館の他、
近代美術館、馬車・陶磁器・銀器・衣装の博物館
があります。
 
ラグンドン教授が暗殺者から逃げるシーンにも
使われた、宮殿とウフィツィ美術館をつなぐ
ヴァザーリの回廊のあるボーボリ庭園も
あります。
 

場所:Piazza de’ Pitti, 1, 50125 Firenze,

電話:+39  055 294883

開館時間・料金:それぞれクリック
     (Tesoro dei Granduchi)
 

 

 
 

 Cattedrale di Santa Maria del Fiore
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

220_f_117626154_s9f4tclyvvkkkajt5ugixfccanhsdjfv

「花の聖母教会」のこと。

映画「冷静と情熱のあいだ」でも有名。
フィレンツェといえばこのドゥオモが目印ですね。
 
 
-Catedral /Duomo         
 大聖堂 /ドゥオモ
-Battistero S. Giovanni    
 サン・ジョバンニ洗礼堂
-Campanile di Giotto      
  ジョットの鐘楼
-Crypt Santa Reparata   
 聖レパラータ地下聖堂
-Museum of the Opera di Santa Maria del Fior 
 花の聖母マリア大聖堂美術館
からなっています。
 
クーポラ(丸天井)内部に描かれたヴァザーリと
その弟子作のフレスコ画「最後の審判」は必見
です。
 
ダンテはサン・ジョバンニ洗礼堂で洗礼を
受けました。
 
 
場所:Via della Canonica, 150122 – Firenze
電話:+39 0552302885
開館時間:季節によって変わるので
     各施設ごとホームページ
     ”opening time ”から
     確認してください。
 
※オンラインで共通チケットの購入ができます。
 現地での購入はかなり並ぶことがあるので
 気をつけましょう(チケットは48時間使用可)
 
 
 

 MUSEO CASA DI DANTE  ダンテの家

スポンサーリンク
ラグントン教授が神曲の手掛かりを求めて
訪れます。
 
ダンテの家は美術館になっています。
 
本当の生家は彼がフィレンツェを追放された
ときに壊されているそうで、この家は観光用に
建てられたものだそうです。

 

場所:Via Santa Margherita 1 Florence, Italy
電話:+39 055219416
開館時間:
【夏期】(4月1日~9月30日)  10:00-18:00  (毎日開館)
【冬季】(10月1日~3月31日) 10:00-17:00(月曜休館)
 入館料:4ユーロ
 
 
 

まとめ

いかがでしたか?
映画のシーンをざっと案内しただけでも、
フィレンツェの見どころが満載ですね。
ぜひ、映画を観てからフィレンツェ観光に
訪れてくださいね!
 
 
 

スポンサーリンク

にほんブログ村のランキングに参加しています。
1日1回ポチっとクリックしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ イタリア旅行 ブログランキングへ

 - フィレンツェ, 観光・旅行