イタリアのグルテンフリーの食品を購入できる場所や値段は?

      2016/10/20

FullSizeRender-1


欧米、また日本でも

グルテン過敏症の人々が増えています。

私の周りでも欧米の友人の30%くらいが、

グルテンフリーの食生活を送っています。

なので、イタリアではたくさんのグルテンフリー

の食品を売っており、

スーパーマーケットにもそのためのセクションが

あるほどです。

日本の皆さんで小麦にアレルギーある人、

グルテン過敏症の人にはとても優しい国

だと言えます。

さらにグルテンフリーダイエットをされている方

にも朗報ですね^^

ここでは、イタリアで買うことのできる

グルテンフリーの商品やその情報を

お伝えしていきます。

 

パスタなどの主食

パスタ大国らしく、

小麦の代わりに蕎麦=saraceno(サラチェーノ)

やとうもろこし=mais(マイス)、

米=riso(リゾ)などを使ったパスタもあります。

IMG_1157

ちなみに、グルテンフリーのスパゲッティ、

私もよく食べるのですが

歯ごたえがあってもちもちしていて、

言われなければグルテンフリーだなんて

気がつかないと思います。

ラザニア

IMG_4053

なんと、

とうもろこしのラザニアもあります。

この辺りはかなり日本では珍しいので

小麦が食べられない人にお土産にしたら

涙を流して喜ぶこと必至です。

パスタ類の価格は大体2〜5ユーロの間です。

ガレット

IMG_4080

パンやパスタの代わりに、

galetta(ガレット)と呼ばれるものを

主食として食べたりします。

日本の「ポンセン」のようなものですが

甘くないです。

価格は⒈5〜3ユーロくらいです。

とうもろこしの粉 ポレンタ

FullSizeRender

また、北イタリアではPolenta(ポレンタ)

という、とうもろこしの粉を炊いたものを

主食にすることも。

 

ドルチェ

IMG_1115.JPG

このように、ジャンドゥーヤと呼ばれる

ペーストにも、ちゃんとグルテンフリーの

ものがあります。

逆に言うと、

一体どれだけのものに

小麦やグルテンが含まれているのでしょうね^^;

ペーストは価格が2〜5ユーロくらいです。

お菓子でも、小麦粉の代わりに米粉をはじめ

Avena(アヴェナ)=粟 を使った

ビスコッティなど、

本当にたくさんの種類があります。

 

原料の粉の種類

原料となる粉の種類は

本当に豊富です。

たとえば今まで出てきたものの他には、

castagna(カスターニャ)=栗

lino(リノ)=亜麻

ceci(チェチ)=ひよこ豆

など。

 

その他

日本人でも知らない人はいるかもしれませんが、

醤油の中にも小麦粉が使われるので、

グルテンフリーで日本食が好きな人は

Tamari=たまり醤油 を使っています。

 

 

スポンサーリンク

どこで買える?

スーパーマーケットはもちろん、

オーガニック食品の店、

erboristeria(エルボリステリーア)=薬草専門店、

farmacia(ファルマチア)=薬局などでも

グルテンフリーの製品を買うことができます。

 

パッケージに小麦に斜めに線が

入っているマークが、

グルテンフリーの製品のマークですが、

必ずしもすべての製品にあるわけでなく

ただ「senza glutine」とどこかに

表示されているだけということもあります。

 

外食

最近では、Pizzeria(ピッゼリア)=ピザ屋

でも、グルテンフリーの粉で焼いたピザを

注文できたり、

gelateria(ジェラテリーア)=アイスクリーム屋でも、

グルテンフリーのコーンを注文できたりと

可能性は無限大です。

グルテンフリーのアイスコーンを

試してみましたが、

カリッとしていて香ばしく、

通常のものより私好みです。

ただ、とうもろこしの粉が原料のせいか、

少し舌触りがざらっとしました。

 

普通のレストランでも

たとえ専用のメニューがなくても

今日では珍しいことではないので、

相談すれば、グルテンフリーのものを使って

料理をしてくれるでしょう。

 

また、多少の持ち込みをもグルテンが食べられないと

伝えればOK、だと思います。

 

友人は、

グルテンフリーのメニューがない場合に備え

いつも前出のガレットを持って

レストランに入りますが、

説明すれば嫌な顔をされることはありません^^

これからはもっともっとこの傾向が

広がっていくことと思います。

 

まとめ

  • イタリアではグルテンフリーのことを センサ グルティネ という。
  • グルテンフリーの製品は、スーパーマーケット、オーガニックショップ、薬草専門店などで購入できる。
  • 価格は、もちろん製品によるが、食品なら平均3〜5ユーロくらい。一般的な製品と比べて特別すごく高いわけではない。
  • スーパーマーケットはもちろん、外食産業でもグルテンフリーは浸透しているので製品を探すのにはそれほど困らない。
  • パスタ大国らしく、グルテンフリーのパスタも豊富なので是非お土産にすべし。

 

 

スポンサーリンク

にほんブログ村のランキングに参加しています。
1日1回ポチっとクリックしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

 - 健康・オーガニック・ナチュラル, 土産,