チャオとボンジョルノの違いは何?イタリア語の意味は?

   

Pocket

イタリア語の挨拶でチャオとボンジョルノという
言葉がありますが、
違いは何でしょうか?
 
解説してみますね。

 

[ad#aki2]

 

イタリア語のチャオの意味とは?

イタリア語でチャオはCiaoと
書きます。
 
英語の”Hi”に相当して、
「やあ」「よう」といった軽い挨拶で
主に親しい間柄で使われます。
 
特に時間帯は関係なく、いつでも
使うことができます。
 
例:
–”Ciao! Come stai?”
 チャオ コメスタイ?
 
「やあ! 調子はどう?」
 
–”Ciao,bella!”
 チャオ ベッラ
 
「ハイ、美人さん!」

 

また、別れの挨拶で「さよなら」「バイバイ」
といった意味にも使われます。
 
例:
–”Ciao,a domani!”
 チャオ ア ドマーニ
 
「じゃあね、また明日!」
 
–”Ciao,buona notte!”
 チャオ ブォナ ノッテ
 
「さよなら、おやすみ!」
 
 
 

イタリア語のボンジョルノの意味は?

イタリア語でボンジョルノは、
Buon giorno と書きます。
 
「おはよう」「こんにちは」という意味。

 

例:
–朝起きた時に、
 ”Buon giorno.”
 
 「おはよう」
 
–”Buon giorno,tutto bene?”
 ブォンジョルノ,トゥット ベーネ?
 
「おはようございます、順調ですか?」
 
 
また朝から午後3、4時までに
別れの挨拶にも使われます。
 
buon はよい、という意味があり、
giorno は1日という意味なので、
直訳すると
「良い1日を」という意味になります。

 

スーパーの店員から弁護士との会話、
ビジネスマン同士まで、誰との
挨拶にも使えます。
 
電話で話す時にも、
初めの挨拶としても最後の別れの挨拶としても
使うことができます。
 
関連記事:
 

 

イタリア語のボンジョルノとチャオの違いは?

ここまでみてきたように、
違いをまとめると
 
–ボンジョルノは親しい間柄からフォーマルな場
 まで使える挨拶。
 朝から午後4時くらいまで

 使われる。
 
–チャオは「やあ」といった軽い挨拶で
 親しい間柄で主に使われる。
 何時に使ってもよい。
 
 
ということが分かりました。
 
ボンジョルノはフォーマルな挨拶ですが
チャオはちょっとくだけた言い方なので、
初対面の相手や公の場などでは
ボンジョルノを使った方が無難でしょう。
 
ただ、親しくなりたいという意味を込めて
初対面でもチャオ!と挨拶してくる
人もいるので、その場の雰囲気で使い分けても
いいと思います。
 
さらに、イタリア人の挨拶はキスをすることも
あります。
詳しくは下の記事からどうぞ。
 
関連記事:
 
 

[ad#aki2]

 

 チャオとボジョルノどちらを多く使うのか?

では実際に、チャオとボンジョルノ、
朝から午後4時くらいまで、一体どちらを
多く使うのか?と考えてみましたが、
うーん・・・場合による。
どちらとも言えない。というのが、
個人的な結論でした。
 
ただ、ボンジョルノは4時くらいまで
使えるとはいえ、バーなどで午後の
時間帯にボンジョルノと言っている人は
少ないんじゃないか、というのが印象です。
 
 

まとめ

いかがでしょうか?
 
チャオとボンジョルノの違いがわかりましたか?
 
もし、使い分けるのがややこしい、
と思うならば、どちらか一つを使ってみても
いいかもしれません。
 
観光で街で店員やウェイターなど話す分には
チャオが使えれば十分だと思いますよ。

 

 
 

[ad#aki2]

 
 
にほんブログ村のランキングに参加しています。
1日1回ポチっとクリックしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ イタリア旅行 ブログランキングへ

 

 - イタリア語, 文化